お引っ越しは計画的に

お引っ越しをされるに伴い、新しい生活に気分が高まる方、そして反対に不安でなにも手につかない方、それぞれいらっしゃると思います。

普段とはちがう心持ちの状態で、沢山の作業をこなさなければならない引っ越しというものは、なかなか上手く準備作業がすすまないかもしれませんね。

いきあたりばったりで、そのときそのときの思いつきですすめていれば、抜け落ちやミスがあったりして、ただでさえ進学や就職、または転勤、転校などで

忙しい中、生活が混乱してしまいますね。

こんな時こそ現代社会の武器IT技術を駆使しましょう。

IT技術といいましても難しく考えることはありません。

要は「スマホ」を最大限に活用しましょうということです。

昔は引っ越しの見積もりは一件一件引っ越し業者に家に来て家財道具を実際に見て見積もってもらいました。

が、今はネットで写真なので見積もりができるということです。

そして、やるべきことはタスクリストのアプリをダウンロードして、思いついた時にチェックリストをつくり、日程に割り振っていきます。

カレンダーと連動しているものもありますし、リマインダーつきでアラームもなるものだとより便利です。

ネットでの引っ越しサイトのチェックリストを参照にすると簡単です。

スマホ1つで計画的にお引っ越しをしてミスをなくし快適に!

引っ越しを安く済ませるにあたっては

引っ越しは何かとお金がかかりますし、引っ越し代金以外に新居へ引っ越す場合には、敷金や礼金などまとまったお金が必要になることも多いです。

なるべくリーズナブルに引っ越しを済ませるために検討したいことといえば、無料で複数の引越業者の見積もりを受けるようにしたり、荷物が少ない人の場合には単身パックを活用するという方法もおすすめです。

近年はネットから手軽に査定を依頼して引っ越しに必要な金額を見積もってくれる業者も多いですし、無料でダンボールや布団袋といった梱包道具を用意してサービスしてくれる引越し業者も珍しく有りません。

引っ越しをできるだけ安く抑えたい場合には、段ボール箱を無料でプレゼントしてもらえる業者を選ぶようにしたり、業者ごとの見積もりを比較して価格を交渉するといった方法がおすすめです。

また、一人暮らしの人であれば単身パックを利用すれば数万円程度で手軽に引っ越しを終えられるケースも多いものです。

可能な場合には軽トラックやたくさん荷物を積めるワゴンカーを用意して、引っ越しを自分で行うという人もいますが、冷蔵庫やテレビなど大型の家電の取り扱いに気を使う必要があったり、女性であればタンスやテレビ台など大型の家具は自分で運べないケースも多いので、単身パックを使ったほうが安心だと思います。

引っ越しの心得

引っ越しをした経験は三回ほどありますが、その時必ず思うことは「できるだけ持っていく荷物は少ないほうがいい」ということです。

まず荷物を梱包するのに結構時間がかかります。適当に荷物を詰めてしまえばいいのかもしれませんが、そうしてしまうと引っ越し後の荷物の取り出すときにとても後悔します。整理されていないと自分でも訳がわからなくなって嫌気がさすからです。新たな生活のスタートでいきなり嫌な感情に包まれるのは避けたいところです。

あれもこれも持って行こうと考えるのではなく、どれを捨てて行くかを考えたほうがいいでしょう。不要なものを一斉に処分できるいい機会です。いま一度自分に必要な物なのか見極めましょう。捨てるのがもったいないと思うならば、リサイクルショップなどで売ってお金を得るというのも一つの手でしょう。

引っ越しが終わったら当然梱包した荷物を取り出して仕舞うと思いますが、この時荷物が多いと面倒だから明日にしようとしてしまいがちです。そうすると中々手が進まなくなり、結局押入れに梱包したままの状態でしまうということもありえます。引っ越し先に到着した時間帯にもよりますが、できればその日のうちに全部荷物を取り出して終わらせるほうが翌日からスッキリと新生活が始められていいかと思います。

引っ越しはとにかく荷物を少なくすること。それが引っ越しをする上での心得かと思います。

 

引越しするなら少しでも安く済ませましょう

引越しを考えたとき、まず始めにすることは何があるでしょうか?当然ながら引越し先のリサーチと引越し業者への連絡がありますが、安易に決めて引越しをしていませんか?例えば少しでもリーズナブルにスムーズに引越しを進められれば気持ちにも余裕が持てるはずです。例えば引越しに余裕を持っているのなら、時期と言うものを選ぶようにするだけでも違いがあります。3月から4月にかけての引越しは新卒、単身、新しい生活でもあり、引っ越し業者や不動産にとって書き入れ時でもあります。つまり自ずと高額に設定されてしまうので、リーズナブルに済ますならそれ以前か、それ以降に合わせた引越しをするといいでしょう。また平日によりも祝日などを引越し日に選ぶと金額が少し安価に済ますことも可能になります。そして仏滅などの日も金額を安く設定している引越し業者もあるので調べてみるのもいいかもしれません。時間帯は少しでも引越しとは早く済ませてしまいたいものです。つまりそれだけ早めの時間帯に人気があるということになるので値段も高めになってしまいます。引越しの時間帯を遅くに設定するだけでリーズナブルな金額にしている引越し業者が多いので、これらを踏まえて少しでも安い金額で引越しをされるといいでしょう。